FC2ブログ

拘束される悦び

labyrinth
 アイマスクをつけられることで視覚を奪われる。暗闇で頼りに出来るのは聴覚だけになる。そんな中でローターの振動音が

聞こえ、それが耳元に近付くにつれて脳内に大きく響く。その音がなんであるか、なにをするためのおもちゃの音かを女の体

は知っている。スイッチが切られ無音になったローターが音の体に触れる。皮膚感覚がこれからの快楽を予感して濡れる。
labyrinth
 アイマスクに限らず、縄であれ手錠であれ足枷であれ拘束具は女の性感を高める。見方を変えれば拘束されないプレイよ

り拘束されるほうがより深い快楽の底に堕ちてゆけるということだ。ブラもパンティーもパンストも拘束具の一種ではないか。

拘束されている不自由さが未知の快楽を呼び寄せる。だからパンストは穿かなくても自由なのではなく穿くのが作法になる。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

被支配

labyrinth
 女を四つん這いにさせるのは男の支配欲を高め、女の被支配をより強く知らせて従順にさせるために効果的である。正常

位であれば女は目を閉じたフリをしながらも薄目を開けて男の様子を見ることが出来る。バックからであれば男の次の動作が

全く予測出来ない。交尾においても腰をがっしりと掴まれ、そこから逃れることは出来ない。完全に男の支配下に置かれている。
labyrinth
 交尾する直前に尻ビンタで女を従順にさせるS的欲求も満たされる。「い、挿れて……」とあいまいな要求をする女のまんこ

とアナルにペニスの先を押しつけて「どっちの穴にほしいかきちんと言え」と命じる。「ま、前に……」とまだ女が気どれば、

尻ビンタを張り「前じゃわからないだろ! 前ってなんていうんだ!?」と言葉責めする。言わなければまた尻ビンタが張られる。

ストつま先の淫力

labyrinth
 素足の女性の足を見てもなんの反応も示さない。足指と足指の間が空いている、足裏のシワが目立つ、手入れの行き

届いていないだらしない性格の女に違いない、つま先も芳醇なニオイではなく、ただクサイものとしか思えないのだ。だが

極薄のナイロンに包まれ、それを透して見るつま先はなんと優美な装いに変わるのだろう。決して馬子にも衣装ではない。
labyrinth
 補強のある三日月でもオールスルータイプであろうとパンスト越しの足は強い淫力でフェチたちを重力圏に捉えて逃がさ

ない。パンストの中でうごめく足指は艶めかしい。足コキされる時でもナマ足よりパンスト足のほうがエロスは膨らむ。白い

白濁液がパンストに注がれる。ナマ足と違ってすぐに垂れ落ちることはなく、パンストに染みていく。それがまた勃起を誘う。

脱ぎたてパンスト

labyrinth
 脱ぎたてパンストを手にとってニオイとぬくもりに恍惚としないフェチはいないだろ。酸っぱいような蒸れたニオイですら芳香に感じるはず

だ。それがフェチというものだ。同級生の家の選択機にパンストが放りこんであるのを偶然に発見した時の驚きと興奮はいつまでも忘れが

たい思い出として残っている。同級生の家族で女は母と姉だけだと知っている。色っぽいお母さんか女の香りたっぷりのお姉さんのどちら

かが穿いていたパンストだ。素早く手に取りつま先とクロッチのニオイを思い切り吸いこんだ時の衝撃は今も鼻腔の奥に残っている。
labyrinth
 脱皮のようなシワ、まだ脚の形をうっすらと残している脱ぎたてパンストのエロス……手に取ったそのパンストをポケットに押し込んで

持ち帰りたくなる衝動を抑えるのに苦しんだことも憶えている。今にして思うのは、脱ぎたてのパンストを隠し持ったままトイレを借りて

ニオイを嗅ぎながらちんぽをこすればよかったということだ。あるいはパンストをちんぽに巻き付けてしごき、パンストに青春の残滓を

放出してそのパンストを選択機に戻すことを思い浮かべなかったことが悔やまれるのだ。

自宅パンスト

labyrinth
 自宅でパンストを穿いている主婦はまずいない。パートで働きに出ている主婦も帰宅したと同時に脱ぐはずだ。専業主婦、そして母と

なった女はほぼ100%パンストに別れを告げた日常を送っているはずだ。女ではなく「〇〇の奥さん」、「〇〇ちゃんのお母さん」になって

しまうからだろう。だがそこにセフレという異分子が紛れこむことで奥さんやお母さんは女に戻る。忘れかけていたときめきが芽生える。
labyrinth
 せふれの家に上がりこみ、女にパンストを直穿きさせる。「奥さん」とは呼び掛けず必ず名前で呼んで女を意識させる。その上でダンナや

家族との城である自宅で背徳の限りを尽くす。冷蔵庫から取り出した食品をまんこにこすりつけて夕食の食材として用いる。メスの匂いを

たっぷりと染み込ませたナスを亭主はどんな顔で食べるだろうか。亭主も知らない女の淫靡な姿を知っている優越感に浸ることが出来る。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR