FC2ブログ

脳内分泌による麻痺

labyrinth
 冷静に考えればストつま先や足裏は靴の中で蒸れて独特の酸味や革の匂いが染みついている。だから当然心地よい香りではない

はずなのだが、気に入った女のスト足であればその不快なはずの匂いが芳香に感じられる。これは脳からなにがしらの物質が湧き出て

臭覚を麻痺させているせいなのだろう。酸っぱい匂いが脳を刺激してちんぽを硬直させる。
labyrinth
 不衛生の極みである洗浄前の足が愛おしいパーツになる。「き、汚いわ。まだ洗ってもいないのに……」と女は言うが、その洗う前の

オリジナルの匂いこそオスを刺激する。そのつま先を嗅がれ「いやっ」と抵抗する姿にまた興奮する。これもフェロモンのなせる業なのか。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

第二の心臓

labyrinth
 足裏は第二の心臓と言われるほど鋭敏なツボが集まっている。だからそっと指圧してやると女はみなうっとりした表情を浮かべる。

フットマッサージが流行ったのはそうした手軽な刺激がウケたからだろう。スト足の女性を揉めるのだから募集があれば応募した。
labyrinth
 靴屋の店員にも憧れたことがある。女性が靴を選ぶ。靴ズレを起こさないためにかかとなどの革を広げてなじませる。「いかがですか?」

と会話を重ねながら脱いだり履いたりしてもらうたびにスト足を間近で見ることができる。同じ想いのフェチは多いのではないだろうか。

スト足指の吸淫力

labyrinth
 初めてストに透ける足裏の指を見て激しく勃起したことをはっきりと憶えている。それまでも素足の足指を

見る機会は何度もあったのだが、そこに惹きつけられることはなかった。極薄のナイロンに包まれて好き透って

いる足指を見て「食べたい」「口に含みたい」と熱く思ったことを今も忘れることはできない。
labyrinth
 そこには補強の三日月があったはずなのだが、記憶の中の足裏(足指)に三日月はかぶさっていない。それが

誰の足指だったかも忘れてしまったのに、ぴったりと密集した足指のなまめかしさだけは生々しく憶えている。

変態

labyrinth
 パンスト足裏への興味と興奮が変態ならばクンニもフェラもアナル舐めも変態ということになる。変態の

極致と言ってもいいほどの痴態といえるだろう。つまりパンスト美脚フェチはけっして変態ではないのだ。
labyrinth
 第2の皮膚と形容される極薄パンストが女の脚に密着する。パンストを見てコンドームを連想する男は

変態だろうか。脱ぎたてパンストの匂いとぬくもりを愛でる男は変態だろうか。女の全てを受け容れるだけなのだ。

color

labyrinth

 人それぞれだろうが、カラースト(カラータイツ)が好きになれない。ティーンエージャーがサイケデリック(この言い方は死後か?)

な服装に合わせてカラーストやタイツを穿くのはファッションなのだろうが、フェチの心を刺激しない。見かけてもスルーしてしまう。

labyrinth

 心奪われるのはナチュやサンタンブラウン、極薄の黒に集約される。スタンダードなパンストが大人の装いだと思う。

この女(ひと)のスト足裏はどんな湿りけなのだろう、パンつまはどんな匂いをたたえているのだろう……そんなことを

思いながら、足裏に顔を押しつけてつま先の匂いを胸いっぱいに吸いこみ、足指を舐めたい衝動を抑え込んでいる。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR