FC2ブログ

被支配

labyrinth
 女を四つん這いにさせるのは男の支配欲を高め、女の被支配をより強く知らせて従順にさせるために効果的である。正常

位であれば女は目を閉じたフリをしながらも薄目を開けて男の様子を見ることが出来る。バックからであれば男の次の動作が

全く予測出来ない。交尾においても腰をがっしりと掴まれ、そこから逃れることは出来ない。完全に男の支配下に置かれている。
labyrinth
 交尾する直前に尻ビンタで女を従順にさせるS的欲求も満たされる。「い、挿れて……」とあいまいな要求をする女のまんこ

とアナルにペニスの先を押しつけて「どっちの穴にほしいかきちんと言え」と命じる。「ま、前に……」とまだ女が気どれば、

尻ビンタを張り「前じゃわからないだろ! 前ってなんていうんだ!?」と言葉責めする。言わなければまた尻ビンタが張られる。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

自宅パンスト

labyrinth
 自宅でパンストを穿いている主婦はまずいない。パートで働きに出ている主婦も帰宅したと同時に脱ぐはずだ。専業主婦、そして母と

なった女はほぼ100%パンストに別れを告げた日常を送っているはずだ。女ではなく「〇〇の奥さん」、「〇〇ちゃんのお母さん」になって

しまうからだろう。だがそこにセフレという異分子が紛れこむことで奥さんやお母さんは女に戻る。忘れかけていたときめきが芽生える。
labyrinth
 せふれの家に上がりこみ、女にパンストを直穿きさせる。「奥さん」とは呼び掛けず必ず名前で呼んで女を意識させる。その上でダンナや

家族との城である自宅で背徳の限りを尽くす。冷蔵庫から取り出した食品をまんこにこすりつけて夕食の食材として用いる。メスの匂いを

たっぷりと染み込ませたナスを亭主はどんな顔で食べるだろうか。亭主も知らない女の淫靡な姿を知っている優越感に浸ることが出来る。

想定外

labyrinth
 ユーザーは発明者が考えもしなかった使い方をすることがある。電マなどはその最たるものではないか。あれは純粋に健康器具と

して世に出たはずだ。それが性具に転用されて一世を風靡するとは思ってもいなかったはずだ。ローションも同じだ。筋肉痛やマヒし

た手足をスムーズにマッサージするために海藻から抽出した成分で作ったものが風俗業界の必需品として定着してしまった。
labyrinth
 ガーストは下着をおろすだけで用が足りるために考案されたのだが、下着を剥ぎ取るだけで交尾できて、ストの感触を楽しみながら

欲望を達成できるアイテムとして重宝されるようになった。今、パンストのマチを切り取って直穿きするのはそこからの派生だろう。スカ

ートを穿いていれば下着があろうとなかろうと貴婦人を気どっていられる。どんなに淫乱であっても淑女の仮面をつけたままでいられる。

春の足音

labyrinth
 ほんのかすかに春の足音が聞こえてくる。小さな音で、すぐ消えてしまうほど便りないが軽やかな足音は確かに聞こえて遠ざかる。

ほんのわずかにパンスト脚が街に増えてきた。花とまではいかないが、蕾がほのかな甘い香りを放ち始めているのがわかる。タイツで

冬を過ごしていた女がようやくパンストに穿き替えた時、どんな感慨にふけるのだろうか。やっと春が来たとの思いを深くするのだろうか。
labyrinth
 あるいはそんな意識はどこにもないのかもしれない。タイツもパンストもただの衣料にしか過ぎないと感じているのかもしれない。パン

ストがどれだけ女を美しく飾るアイテムであるかを女は気付いていないのかもしれない。いや、わかっていて男を翻弄しているのかも

しれない。そうでなければ世の中からパンストそのものがなくなるはずだ。女が自分を高く売るための装身具を棄てるはずがない。

淫行

abyrinth
 出会い系サイトやLINEで釣った女が未成年だったというリスクは常につきまとう。見た目では18歳未満とはわからない成熟した若い

女が目の前にいれば、年齢確認なんどせずにホテルへ直行してしまうだろう。女の供給と男の需要がこれほど合致していることはない。

でも発覚すれば淫行となり非は全面的に男にかぶせられる。たとえ女が常習的に金銭目的で出会い系サイトを利用していても。
abyrinth
 いかがわしい行為が発覚するのは半年、1年後に女性が補導されてからのことが多い。芋づる式に男たちが逮捕される。それでも女性

は守られなくてはならない存在として扱われる。男に騙され、金品をちらつかされて体をむさぼり食べられた弱い存在と位置づける。女性

の親はなにをしていたのだろう。喧嘩両成敗とまではいかずとも、そこに情状酌量の余地が残されているように思えてくる。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR