FC2ブログ

工夫

labyrinth

 従来のワンポイントとは違う、タトゥー模様のパンストを穿く女性を多く見かける。ナチュラルベージュの光沢をおさえ、

素足と間違える透明なナイロンで編んだパンストに模様を織り込んでいる。メーカーの工夫と技術革新に驚くばかりだ。

labyrinth

 新しいファッションとしてタトゥーパンストを穿くようになったティーンエージャーは社会人になってもパンストを穿いてほしい。

パンストが男の目を引きつける大切なアイテムであることを知れば、女の意識は確実に変わってゆくだろう。

labyrinth

 パンスト着用率を向上させるためにキティなどのキャラクターをあしらったものがあっても面白いだろう。使用料が発生するため

商品単価は上がるが、パンスト脚を見つめていられる口実になり得る。それ以上に魅せるパンストの意義を女にわからせる。

パンスト復権には笛を吹くだけでは足りない。パンストを穿くメリットを女が知れば必然的にパンスト購入率は高まるだろう。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

拡大解釈

labyrinth

 都道府県にはだいたい迷惑防止条例が制定されていると思う。条例の中に必ず「卑猥な行為の防止」が規定されているはずだ。

確かに付きまとわれたり、スカートの下に携帯やスマホを刺しこまれて下着を撮影されることを歓ぶ女性はいないだろう。

しかし、街を歩く女性の脚にカメラを向けただけで「迷惑」だと決めつけるのはいかがなものか。美脚を愛でたいだけで、

誹謗中傷が目的ではない。まして女性は公衆の行き交う場所で美脚をさらして歩いている。それの撮影がなぜ「迷惑」なのか。

権利意識の発達が背景にあるのかもしれないが、いささか拡大解釈に過ぎると思う。世の中がギスギスし過ぎて潤いがなくなる。

ストリップとアナル

labyrinth

 昔のストリッパーは、まんこを見せてもアナルを見せることはなかった。決して見せないポーズもある種の芸術的しぐさだった。

それがいつ頃からフルオープンになったのか明確な資料を目にしたことがない。アナルに対する男女の意識が変化したからだろう。

かつてアナルセックスは変態の極みのようにとらえられていた。だが、前戯の一環としてアナル舐めが普及し、それで快楽を

得ることを知った女たちの意識変化も背景にあるのだろう。風俗店が規制を逃れる奇策としてオプションを採り入れたことも

かなり影響を与えているに違いない。女たちはセックスの痛みが快楽に変わったことを知っている。アナルに対する嫌悪が薄れ

快楽をもたらしてくれる器官であることを期待する潜在意識がアナルの解放を推し進めたのかもしれない。

ラブドール

labyrinth

 趣味に上下も貴賎もない。受け容れられるかどうかの違いが個々にあるだけだ。そんな趣味の世界の中で共感できずにいるのが

ラブドールだ。かつてビニール製のダッチワイフのイメージを引きずっているせいかもしれないが、どんなに精巧にできていても

人形としか思えずにいる。ラブドールにパンストを穿かせてポーズをとらせても生身の女に勝るときめきはおぼえないだろう。

フィギュアでパンストを穿いているかのようなペイントを施した作品には驚嘆する。ただ、それを買い受けて飾る気になれない。

やはりパンストは女の息遣いと共にあってこそ興奮するものだと思っているからだ。これは趣味の違いであり、優劣などではない。

誤解

labyrinth

 「やれれば誰でもいいんでしょ」 女の誤解だ。いくらやりたい盛りであっても勃たなければできない。むしろ女のほうこそ

誰とでもできる構造になっているのだ。濡れなければローションやゼリーを塗るだけでちんぽを簡単に受け容れることができる。

そして女は新鮮な愛撫と、ちんぽの「性能」をからだに刻む。女は言い訳さえあればからだを開く。「酔わされたから」

「終電がなくなったから」「休むだけって言われたから」 すべてに自己責任はなく、男の強引な誘惑に負けたと理由をつける。

写真集

labyrinth

 インターネットが影も形もない時代、写真集を手にとって楽しんだ。パンスト直穿きのエロさを普及させたのは写真集だ。

それまで一部のマニアたちが相方に穿かせてひそかに興奮していたものが、一気にメジャー昇格を果たした。

今、古本屋でその当時の写真集をめくって見てもあの頃の興奮がよみがえることはない。トシを重ねたせいもあるだろう、

ネットが普及して刺激に満ちたポーズが画像BBSなどでアップされるようになったことも関係しているだろう。最も大きな違いは、

モデルが大部屋系セミプロから素人になったことだと思う。映像表現のプロよりも過激で大胆なポーズを惜しげもなくカメラの前で

披露する姿に新しい時代の到来を感じた。エロ画像を撮って公開することが特殊な嗜好でなくなったことを女に気付かせた。

女らしさ

labyrinth

 女は自分への言い訳をほしがる。自分から脱いだのではなく「脱がされた」ことで抵抗できなくなった言い訳をほしがる。

「いやっ」と口走るのも自分では抵抗を試みたという言い訳にすぎない。実際には脱がされることが「いやっ」ではなく、

待ち望んでいたことにもかかわらず不可抗力であったことを自分に言い聞かせようとする。しかし、自分から素早く服を脱ぎ、

恥じらいも見せず全裸をさらす女より可愛らしいと思える。女らしいしぐさ……それも前菜のひとつだ。

テレビショッピング

labyrinth

 テレビで女性キャスターやリポーターのパンストつま先を発見した時はじっと画面を凝視する。それぐらい靴を脱ぐシーンがない。

だから見るとはなしにテレビショッピングを点けっぱなしにしておくことがある。商品によっては靴を脱ぐセットになるからだ。

寝具やマッサージ機などでその機会が多いと言える。だからといってその商品を購入することはないが、好感を抱くのは確かだ。

テレビは視聴率競争にあえいでいる。それならばオープントゥのハイヒールを履かせるなど、工夫の余地はいくらでもあるはずだ。

包装紙

labyrinth

 女が身につける下着は包装紙のようなものだ。求めるものは中身なのだが、中身に行きつくまでのときめきを与える役目がある。

そして中身の価値を高める役割もになっている。いささか過剰包装気味の場合もあるが、包み紙がもたらす効果は大きい。

しかし、ブラジャーは忘れることなく身につけるのに対し、パンストはおざなりに扱われることが多くなってきた。

脚を美しく飾る。それは自分自身を高く売りつけることなのに、あえて安売りされても仕方ないかのようにふるまう。

期待をこめて一枚いちまい包みをはがすように軟らかく薄いナイロンをゆっくりと脱がす。感動を高めるのがパンストだ。

吐息

labyrinth

 比率はわからないが不感症=冷感症の女は確かに存在する。愛撫やちんぽを受け容れるものの、目を開けたまま時が過ぎるのを

じっと待っているだけだ。そういう女は自堕落に見えるほど男漁りを繰り返す。体に火をつけてくれる男の出現を待っているのだろう。

 住宅事情のせいで喘ぎ声をこらえる女がいる。女の喘ぎ声は男の性欲を昂進させること気付いていない。はしたない声をあげるのが

恥ずかしいことだと思いこんでいるのだろう。こらえきれず漏らし、無意識に乱れた姿を見せる女は可愛いものだ。

酸味

labyrinth

 パンストつま先や足裏の魅力はフェチではない人には絶対に解ってもらえない。解ってもらおうとも思わない。汎用的な表現で言えば

これはもう趣味の世界なのだ。趣味だから人数的にマイナーであるとしても色眼鏡で見られる性質のものではない。

 趣味の奥深さのひとつにストつま先や足裏にこもる匂いも一緒に愛するディープな世界が出現する。ハイヒールやパンプスの革に

包まれていた足は酸味を含んだ複雑で魅惑的な、独自の匂いをまとう。千差万別の匂いを楽しむ趣味があったとしてもおかしくない。

見た目

labyrinth

 人は見た目ではなく中身が大切だ。それは真理に違いないが、凡人にとって見た目はやはり重要なポイントを占めている。

学生が就活で髪型を整え、リクスーに身を包むのは見た目のイメージが採用に結び付くことを知っているからだろう。

採用する側もペーパーテストの成績が変わりない二人のうちどちらかを選ぶとなれば見栄えのよい応募者を選ぶだろう。

 顔にファンデーションを塗り、アイシャドーや口紅で飾るのも見た目でアピールする手法だ。それならばパンストの効用を

女性はもっと意識してほしい。女性の脚だけが主張できるアイテムだ。男に見られ続けることで細くなる。その脚をパンストは

麗しく装う。媚びるためではなく、静かな自己主張であることに気付けば素足の野暮が減るのではないかと思う。

つま先カメラバー

labyrinth

 カウンターの内側に立っている女のつま先を見ることはできない。客に見られない場所だから素顔のつま先を見せることがある。

OLが机の下で靴を脱いで蒸れたつま先や足裏を空気にさらすように、ホステスもカウンターの内側で足の解放をするのではないか。

その生々しい生態を小型カメラで撮影して大型モニターに映し出す。盗撮ではなくフェチたちのための演出の一環なのだ。

labyrinth

 靴を脱いだストつま先をくねくねと動かす様子、そのたびにシワが出来る様子、普段は見せない秘密を垣間見るような錯覚。

そうしたしぐさがフェチを歓ばせる。きわどく猥褻を強調するわけではない。合法的な範囲での「サービス」で客をもてなす。

こうした癒し、明日への英気というものがあってもいい。カラオケへの誘導ばかりがもてなしではないということだ。

じゅうたんバー

labyrinth

 聞いた話で恐縮だが、かつて「じゅうたんバー」というものがあったそうだ。店に入る前に男女とも靴を脱ぎ、フロアにはじゅうたんが

敷き詰められ、テーブルはすべて掘りごたつ式になっていたという。女性が入退店する時か、用足しに席を立つ時でなければ

パンストつま先を見ることが出来なかった。せっかく靴を脱ぐシステムなのに、これでは面白さもフェチを満足させる工夫も

全くないと言っていいだろう。このようなシステムを発想した者も経営者もパンスト脚フェチではなかったということだろう。

くつろぎを意識したのかもしれないが、さしたる流行にもならず、すぐに廃れてしまったそうだ。

 明日からすこし、個人的な希望と妄想をこめて「あったらいいいな、こんなバー」について書きなぐってみようかと思う。

新体操

labyrinth

 新体操の海外チームがナチュラルカラーのパンスト(レギンスタイプだったが)を着用していた。脚を美しく見せるために

パンストが効果的だということは世界の共通認識と言って差し支えないだろう。このことはあの競技以外にもあてはまる。

女性が水着やレオタードになる場合にパンスト着用が義務付けられたら人気だけでなく視聴率も高まる。認識が広まれば

街でのパンスト着用率も向上するだろう。僅かながらではあっても継続的に経済発展に貢献するはずだ。

上げ底

labyrinth

 胸元が大きく開いたドレスをまとったホステスがいる。胸の谷間がくっきりと陰影を作っている。美巨乳の持ち主もいるが、

多くはトリックである。カップの内側では左右にセットしたパッドが乳を押し付けることで谷間を創り出している。

 だからホステスの「お持ち帰り」は難しい。彼女たちは制服姿の自分と、裸になった時との落差を知っているからだ。

 胸の膨らみは創作できても脚の長さや細さにトリックは使えない。胸の谷間に目を奪われるよりも脚を見つめていたくなる。

脚は嘘をつけない。脱がせてみたら貧乳の女より、パンストを穿いたセクシーな脚なら脱がせず愛撫していたくなってしまうのだ。

芸能人水泳大会

labyrinth

 オリンピックをなにげなく見ていたら昔の人気番組「芸能人水泳大会」のようなものを思い出した。競泳だけではなく、

水上騎馬戦のようなお遊びも盛り込まれていたと記憶している。あの番組がなぜなくなってしまったのか不思議でならない。

ああいうお色気を売り物とする番組こそ復活してもいいと思う。それも女性タレントがパンスト穿きであれば視聴率も上がる。

labyrinth

 各パンストメーカーをスポンサーにして色とりどりのパンスト脚が乱舞する。黒、ベージュ、ブラウンなどが目を楽しませる。

女性タレントを紹介するたびに穿いているパンストのブランドが紹介される。メーカーにとっても悪いことではないと思う。

OLYMPIC

labyrinth

 ロンドンオリンピックにマスコミは一喜一憂しているが、個人的にはほとんど興味がない。肉体の躍動美はあるものの、

女子体操を見ていてもアクロバティックな動きばかりが目立ち、女性特有のエレガントで艶めかしい美しさを感じないからだ。

labyrinth

 美と技の両立を競うシンクロと女子高板飛び込みを見ていてもさほど感動しない。この競技で出場選手がすべてパンストを

着用していたらおそらく徹夜でテレビ画面を齧りつくように見つめているだろう。濡れたパンストの麗しさを見せてほしいものだ。

夏の黒スト

labyrinth

 夏はパンスト着用率が激減する。銀行などの規則がうるさい職場では穿かなくてはならないのだろうが、一般企業は縛りが緩い。

ファッションコードの自由度が高いことは女性にとっては好ましいことなのだろうか。制服と、その一環としてストが義務化されて

いるほうが職場での服装に頭を悩ます必要がないから余分なエネルギーを洋服選びに費やすこともなくラクだと思えてならない。

五本指パンスト

labyrinth

 アツギが春から売り出したASTIGUシリーズが人気だ。パンストの復権を謳って開発しただけに、穿き心地も秀逸なようだ。

そのシリーズには五本指パンストもあったと記憶している。パンスト美脚好きなのに記憶が定かでないのは、五本指のせいだろう。

ヌードタイプよりも透明感に優れ、傍目には穿いていないように見えるのだろうが、五本指というところがフェチを刺激しないのだ。

labyrinth

 パンストに包まれたつま先に三日月があってもヌードトゥであっても興奮できるのに、なぜか五本指ではそそられない。

指先がパンストで覆われているからこそ匂いがその中にこもる。それぞれの指が互いに密着して汗で湿る。女性にとっては

不快感を伴うものかもしれないが、そのぬくもり、匂い、湿りこそ男を狂わせる媚薬のようなものなのだ。

ガールズバー

labyrinth

 もう下火になったのだろうがガールズバーが流行った。多少露出の多いウエイトレスが飲み物や料理を運んできただけだ。

奇をてらったものではなく大人の男を酔わせる「パンスト美脚バー」があればそれで満足できる。うるさいカラオケもいらない。

黒、ベージュ、ブラウン、いろんな色のパンストが花開く。色とりどりの華やかな世界が展開する。パンスト美脚が疲れを癒す。

目の保養になるだけでなく心の保養にもなる。そうした大人のエロスを満たす空間で静かにからだと心を酔わせてみたい。

発情期

labyrinth

 パンスト脚のセクシーさに目覚めた瞬間が人にとって発情期の始まりなのではないかと思ういことがある。

パンストを穿いた脚や足が突然妖しくエロいパーツに思える瞬間がある。皮膚のようでいて、そうではない極薄のなにか……。

触れてみたい衝動を抑えることを知る。それまで女のはだかに興味をおぼえなかったのに、なぜかまんこや陰毛を見たくなる。

パンストはその触媒を果たしたような気がする。それがいつのことだったか記憶していないが、エポックになったのは確かだ。

デオドラント

labyrinth

 腋の下に制汗スプレーをふる。身だしなみのひとつではあるが、ワキガでない限り、汗と混じった女の肌の匂いは麗しい。

ナマの女の生々しさがそこにある。匂いは理性を狂わせる重要なアイテムだ。つま先や足裏の独特の匂いも男を陶酔させる。

この季節の蒸れたパンスト足がもたらす匂いは鼻腔を通して脳をトランス状態にみちびく。無味無臭は性欲を衰退させかねない。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR