FC2ブログ

誘淫

labyrinth

 夏の暑さから解放され、本格的に木枯らしの季節を迎える前の今頃はパンスト脚の花が街じゅうに開く。陽射しが弱くなると

ダークブラウンや黒のパンスト脚が目につくようになる。春から初夏にかけてナチュストが増えるのと好対照を成している。

超ミニスカにしろショーパンにしろ脚の部分の露出が多ければ男の視線は本能的に脚に注がれる。見て見ぬふりをしながら視線は脚を

追いかけている。下から覗きこんでいるわけではないのだから、堂々と観賞してなんの問題もないのだが、なぜか伏し目がちになる。

女は男の視線が集まることを知りながら、見つめ続けられれば迷惑そうな表情を見せて振り返る。ならば隠せ! と言いたくなるが、

パンストを穿かない女ばかりが増えたところで潤いにも癒しにもならない。見られることで女を磨くつもりで美脚を披露してほしいものだ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

発想の転換

labyrinth

 メーカーも販売店も「パンストは女性が買うもの」と思いこみすぎているのではないだろうか。男といっしょに来店して

男に買ってもらう、あるいは男が気楽に入ってこれる店構えにして男に買わせるという発想になってもいいはずだ。

 パンストを含めて靴下専門店もあるが、それらの店がすべて通販をしているわけでもない。それでいて女性のパンスト離れを嘆いている。

通販にしてもただパッケージを羅列して価格をアピールする程度で満足していないだろうか。美脚の女性に穿かせて購買欲を刺激する。

店に来ない男性客を取り込む工夫を真剣に考えてもいいのではないだろうか。

流行と値段

labyrinth

 ミニスカがブームになると同時にパンストが爆発的に売れるようになった。1968年のことで、アツギのパンストの値段は400円だった。

翌年になると量産効果があらわれたのだろう。300円となり、その後年を追うごとに値下がりを続けた。1972年には150円となっている。

値段が安くなっただけでなく、品質も格段に向上してきていた。その頃にはもうサポートタイプパンストが市場に出回るようになり、

通常のパンストが130円で売られていた1975年に500円もしていた。オールヌードの発売がいつだったか忘れたが、三日月のない、

足指が鮮明に見える編み方は斬新で、視覚を刺激した。そして、舐めやすくなった、舐めてみたい。そう思わせる新製品だった。

無邪気な小悪魔

labyrinth

 これのなにがいいの? パンストを穿いた脚の魅力などなにもわからない無邪気な顔で首を傾げながら、女は男をからかい始める。

女は男の視線が三日月や太もも、足首に出来るナイロンのシワや畳の上での足裏に注がれていることに気付いている。

小悪魔のようなずるい笑みを隠しながら男の淫靡な視線を受け止めて楽しんでいるかのようにふるまっている。

labyrinth

 おそらく女は男を弄んで歓ぶ本能が備わっているのだろう。可愛らしい外見がその邪悪ともいえる素質を覆い隠しているのだろう。

もし神が女の本質を外側から見えるようにしていたならば、男はこうも女に翻弄させられることはなかったのではないだろうか。

labyrinth

 純情な女に性の歓びを教える。うぶな女に性の技巧を教える。それが淫らな底なし沼の快楽を教えることに気付かず女の目を開かせる。

すべては大いなる誤解から始まっている。制御可能に見えた小悪魔がいつしか男を手玉にとる魔女に成長する。そして男は逃れられなくなる。

まるでクモの巣にからめとられたかのように身動きすら出来なくなる。パンストはクモの巣か撒き餌(まきえ)だったのかもしれない。

幻惑

labyrinth

 パンスト美脚フェチは変態などではなく美への感受性が豊なのだと思う。ナマ脚の前にパンストという薄いナイロンを通して

脚に対する憧れを醸成しているのだと思う。パンストが織りなす限りない色から生まれる悩ましさをも楽しむ。それがフェチだと言える。

即物的な欲望を満たせば終わりなのではなく、想像力を含め五感のすべてを駆使して脚を観賞して女を歓ばせようとする。

labyrinth

 薄黒パンストが見せる肌とのグラデーション、ブラウンストが醸し出す妖しさ、それらの賛辞はフェチ以外には理解されない。

パンストを穿いている女性にもわかってもらえることはないだろう。ただ、パンストフェチに理解ある女性は必ず存在する。

そしてその女性ならばストフェチを変態とは思わない。良さが理解できなくても自身のスト脚を褒めてくれることをうれしく思っている。

世代の意識変化

labyrinth

 パンストのランガードは男に見られても恥ずかしさを感じないパーツなのだろうか。ショーパンの裾から色が濃くなった

ランガードが見えていても颯爽と歩いている。おそらく時代と共に変わるファッションと一体になった意識変化なのだろう。

ジーンズのローライズがノーマルデザインとなり、しゃがんだ時の後ろ姿に下着やパンストのウエストゴムが見えても平気だ。

これはある年代以上の女性にとっては身だしなみの常識からはずれているだろう。女性たちにとって恥じらいの基準がどうであれ、

男にとっては喜ばしい変化だと言える。エロいと思わず無防備な姿を見せる女性が増えてくれるのはいいことだ。

ペディキュア

labyrinth

 ペディキュアは隠し化粧のようなものかと思うことがある。オープントゥでペディしていることをアピールするケースがほとんどだが、

中にはパンプスを脱いだつま先にペディを装っていることがある。隠し化粧なのかと思うのはそういう時だ。思わぬシーンが広がり、

ペディとマニュが同じ色で統一されていたのを見ると素直に褒める。同色が原則であるかもしれないが、褒められて悪い気はしない。

そうして褒めることで女は見てもらい気持ちを強くする。室内でもスリッパを履かないようになり、車内ではスト足を晒しやことの抵抗が薄まる。

暗黙の了解

labyrinth

 女が助手席に乗り込んだ時点で淫靡で甘美な時間が待ち受けていることを承知している。なぜなら車は走る密室であり、男を拒めば

降ろされて置き去りにされる危険をはらんでいるからだ。むろんかたくなに拒否することはあり得ない。拒むのはポーズにすぎない。

あくまでも自分は抵抗したけれど、男の力にあらがえなかったという言い訳がほしいだけなのだ。二人の会話が途切れがちになった時から

女はからだを求められていることを予感している。自らもまんこを濡らしているが、あくまでも男からの誘いを待っているだけなのだ。

破られるもの

labyrinth

 高校生の頃、「規則は破られるためにある」とうそぶいて粋がっていた。それをパロって「規則と処女膜は破られるためにある」と

ふざけていたクラスメートがいた。確かに言い得て妙だと苦笑した。当時もうパンストフェチに感染していた自分としては

規則よりも処女膜よりもパンストこそ破られるために存在しているような気がしていた。見ることがかなわない処女膜よりも、

変えればいいだけのつまらない規則よりも、JKの脚にフィットして汗を吸収したパンストを引き裂くことこそ夢であり憧れだった。

アドレナリン

labyrinth

 性交は狂気に支配されている。フェラもクンニもアナル舐めも……パンストつま先舐めも唾液交換も狂気の沙汰だ。しかし甘美である。

これはもう脳内にアドレナリンが満ちているからとしか言いようがない。常識も衛生学もすべて通じない。それが性交に関するすべてだ。

衛生面を思えば性器の交わりだけで目的は達成できるはずだ。なのに前戯でたっぷりと時間をかけて不衛生の限りを尽くそうとする。

理屈で割り切れない営み。男と女の関係に似て、性交もまた通常のものさしでは測りきれないものなのだろう。

土禁車

labyrinth

 クルマを愛するあまり土足禁止にしているユーザーを冷ややかな目で見ていた。移動手段に過ぎないのに大袈裟だと感じていたからだ。

でもそこにはひとつだけ素晴らしい利点があるのを忘れていた。スト足をじっくり見つめることができるのだ。むろん運転中には

出来ないが、信号待ちの時など、イライラすることなく過ごすことができる。靴を脱いだばかりの湿った足に触れることも、

新鮮な匂いを嗅ぐことも出来ないが、なまなましいスト足がそこにあるという現実だけで匂いと湿り気を実感できるような気がする。

上つき下つき

labyrinth

 女が成長するにつれてまんこ=ワレメ=はどんどんからだの真下へ移動してゆく。少女の頃に真正面から見えたスジは女になると

ほとんど見えなくなってしまう。それは陰毛に覆われるからではなく、バックからの性交をやりやすくするための変化なのだ。

そして人により上つきと下つきに区分されるようになる。ほとんどは下つきで真正面か見た時にワレメは見えない。それが女の

可愛らしさとも言えるが、中には移動しきれずにワレメが見える女が存在する。どちらがいいという問題ではないが、個人的には

下つきのほうが神秘的で楽しめる気がする。押し倒して、まんぐり返しにした時に全貌が判明する。その形と色合いが興奮を誘う。

細菌

labyrinth

 顕微鏡レベルで見ればヒールを脱いだばかりのスト足はかなりの数の細菌を見つけることができるだろう。ただ、それをもって

不潔と断じるのは早計だ。人はしばしば理不尽を好む。衛生観念で割り切れない感情に人は突き動かされていることがあるからだ。

足の匂いは世界にひとつだけのものだ。湿り気と匂いが興奮を高めるのも確かなことだ。そして女の匂いは男を狂おしくさせる。

そこに理屈はなく、獣性だけが優先する。だからまんこを舐め、アナルに舌先を刺しこもうとする。衛生で割り切れない行為がそこにある。

サブリミナル

labyrinth

 パンストに関心を持つきっかけがいつのことだったか全く記憶にない。ただエロも知らなかった頃にナイロンに包まれた脚を

まじまじと見つめていたことだけは鮮明に記憶している。素足のようでいてけっして素足ではないその色と艶に目を奪われていた。

今にしてそれは肌色とほぼ同じ色合いのナチュストだったのだろう。そしてテカリが入っていたにちがいない。

だから子供の目にも不思議に映ったのだと思う。それがストフェチの始まりではないかもしれないが、強く興味を持つきっかけだった。

稲妻

labyrinth

 単純な編み方だった昔のパンストは頻繁に伝線した。爪で傷つけただけでも一直線に伝線が走った。まるで稲妻のように切り開いていく。

マニキュアを塗って応急措置をする女の姿は可愛かった。穿き続けることが出来なくなったパンストを穿き替える。更衣室がなければ

女子トイレの個室で新品に穿き替えた。残業で独りの時に女子トイレの扉を開け、ダストボックスに小さく丸まったパンストを発見する。

手に取り、ポケットに押し込み女子トイレをあとにする。誰もいないとわかっていても左右を確かめ、ライトを消して急ぎ足で戻る。

パンストを手に入れた興奮よりも女子トイレに忍び込んだこと、この伝線パンストを穿いていたあの女性がどんな匂いなのかを想像して興奮した。

セックスと生殖

labyrinth

 人間以外の動物は交尾してもセックスは絶対にしない。生殖によって子孫を残すことだけが唯一の目的だからだ。その交尾も命がけな行為だ。

常に捕食者に狙われているのだから時間をかけているわけにはゆかない。それが人間のセックスと完全に違うところだ。

襲われる危険がなくなったことで「楽しむ」「歓ばせる」時間を手にした。クンニもフェラもそこから生まれたものと言っていいだろう。

即物的な交尾を離れ、享楽的な快楽を伴うセックスを手にした。そして人間だけが一年を通して発情期という不思議に恵まれ、好色な生物となった。

ギャップ

labyrinth

 女は、パンスト脚を愛でる男の気持ちに思い至らない。これまでの全ての女が「これのなにがいいの?」と首を傾げて聞いてきた。

極薄ナイロンが生み出す光沢、密着が創り出す移り香と臭い、三日月やランガードが見せる別世界の眺め……その価値に全く気付いていない。

だがそれでもいい。ただ、大人になったらパンストは必ず穿くものだと心掛けてほしい。そうすることで男は脚に魅了され、

つま先や足指まで舌を這わせる。それは女にとっても歓びとなるはずだ。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR