FC2ブログ

盗撮

labyrinth

 スカートの下にスマホを差し入れて撮影する。自分の持っている眼レフやコンデジでは光量不足で鮮明な画像は得られない。ISO感度を

最大にあげても粒子が粗くなるだけで感傷に耐える画質は得られない。でも今のスマホはスカートの中も鮮明に映し出すのだろう。撮りたい

気持ちは痛いほどわかる。スタイルがよく美脚の女がどんな下着を穿いているのか、男なら誰しも気になる。直穿きという禁断のファッション

であればお宝画像としてひそかに眺めるだけでなく、同志のみんなと共有したくなる。その気持ちは理解できるが臆病な自分には撮れない。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

優越感

labyrinth

 処女を捨てた女は、まだ処女でいる女が急に子供っぽく見えてくるという。「私は女になったのよ。子供じゃないのよ」という意識がそうさせる。

そして性の悦びを知った女はノーマルな営みで満足している女が幼稚に見えて仕方がなくなる。女に生まれた幸せの半分も教授していない

ように見えてならなくなる。それは自分の優越感の再確認でもある。「私が直穿きセクシーな装いをしていることも知らないのよね」と言うかの

ように、外からはけっして見えないアダルトファッションに優越感をおぼえながら常に女は新しい興奮と感動を求めていく。

ストつま先の淫力

labyrinth

 パンスト足を靴から抜く。なにげない普通のしぐさなのに、そこには言いようのないエロスが宿る。そのエロスは女には絶対に見えない、

パンスト美脚フェチにだけ見える妖精のようなものだ。三日月、つま先シーム……足の甲や足首とは違う生々しい卑猥がそこにただよう。

嗅ぎ取れるわけではないが、そこには蒸れた足裏と匂いが凝縮したつま先が放つフェロモン臭がある。女は恥じらう匂いが男を野獣にする。

半裸のエロス

labyrinth

 全裸のパンスト直穿きよりも半裸での直穿きのほうがはるかに羞恥に満ちていると女は言う。肌の露出が少なくなるのに恥ずかしさは増大する。

全裸のほうが違和感がないということなのか。下半身を剥き出しにして極薄のパンストを通して陰毛が見えることに震えるほど興奮する。

助手席でも直穿き下半身の姿でドライブすると信じられないほどまんこを濡らしクロッチから染み出した淫汁がシートを濡らす。女は楽しい。

隔靴掻痒

labyrinth

 靴の上から足を掻いてもむず痒いだけで爽快感はなく、むしろじれったい不満が募る。それが隔靴掻痒である。愛撫でも同じことが言える。

まんこに直接触れずにパンストや下着の上からそっと割れ目をなぞる。女は直にクリトリスをいじり、まんこに指を挿れてほしいのに口には

出せずからだをよじり腰をくねらせる。「どうしてほしいんだ?」「大きな声でお願いするんだ」と耳元で何度もささやいて言いなりになるよう

仕込む。女に屈辱感を与えず、お願いの報酬として快感を与える。いつしか女は男の意のままに卑猥な単語を口にするよう変化する。

変態レベル

labyrinth

 男女の営みは全て変態だ。唇を重ね、舌を絡めて唾液を交換する行為を見れば、それが変態でなくてなんだろう。まんこに指を挿れ、ちんぽ

を握ってこすることはむしろノーマルなものに思える。それなくして性交は不可能だからだ。だが、シックスナインの体勢でお互いの性器を

舐め頬張る姿は変態そのものだろう。パンスト直穿き、野外露出、野外撮影、調教……それらは全て変態なのだが、ひとつを受け容れた

女はそれを変態と思わなくなる。コートの下はパンスト直穿きだけの姿で、線路わきでコートの前を開いて乗客に裸身を晒すことに歓びを

感じるようになる。変態はエスカレートするものであるが、男女の趣味が合致する限りは変態ではなくノーマルであるとも言える不思議な感情だ。

See through

labyrinth

 パンストは最高のシースルーだ。単に透けているだけでなく脚を美しく見せる魔法のアイテムでもある。このシースルーを女は恥じらわない。

だが乳首の突起が衣類を通してあらわになるシースルーを女は嫌う。Tシャツであってもノーブラでいる女がほとんどいないのは恥じらいの

もたらす心理からだろう。だが、堂々としている女性に遭遇すると圧倒された気になる。エロい気持ちを抱いているこちらが恥じらいをおぼえる。

褒める

labyrinth

 男は狼であってもいいが、飢えた狼であってはいけない。余裕のある狼でなくてはいけない。いきなり服を剥ぎ取って性交するようでは女を

絶頂に導き虜にすることは不可能と言っていいだろう。唇の色を褒め、「食べるのが惜しいくらいだ」とでも言うだけで女はうれしくなるだろう。

下着の可愛らしさ、セクシーさを褒め、肌の白さを褒める。女の背中に手を回してもホックをなかなか外さない焦らしが女の期待を高める。

直穿きはファッションセオリーには反している。だがそれをした女性を褒めることで直穿きにしてよかったと思わせることができる。女はパン

スト脚やつま先のなにがいいのかわからないのだ。褒めることで自分色に染め上げて色っぽい女に仕上げることができるだろう。

耐菌性

labyrinth

 衛生学的にはヒールから脱いだばかりのパンツマや足裏には雑菌が繁殖していると考えられる。温度や湿度が菌を増殖させるのに最適

なのだろう。理屈で考えればそんなところを舐めるのは常軌を逸している行為だ。匂いもけっしてかぐわしいものとは言えない。酸味や臭みが

渾然とまじりあっていて、普通ならば鼻から遠ざけるが、パンスト美脚(足)フェチは飛んで火に入る夏の虫のごとく吸い寄せられてしまう。

足裏の湿りがエロスの衣となって誘惑してくる。独特の匂いは脳内の理性を麻痺させる媚薬の働きをする。そんな雑菌まみれのパンツマや

足裏をどれだけ愛してもからだに悪影響はない。きっとフェチの体内には耐菌性が備わっているのだろう。

セカンド・ラブ

labyrinth

 惰性でテレビを点けていて、深夜にはすこし早い時間帯に「セカンド・ラブ」が流れた。思いがけず目を釘づけにするシーンがあった。主演の

ひとり、深田恭子のパンストつま先が二度にわたり大写しになった。特に家から出て玄関でヒールを履く時のつま先はフェチの気持ちを掴んだ。

パンストつま先タレントというのを聞いたことがない。あれは深田恭子本人のパンツマだろう。2回目以降のドラマでパンツマが見られるか

どうかはわからないが、チャンネルを合わせてみようという気になった。金曜23:15が楽しみになった。

つま先補強

labyrinth

 女が公園のベンチに腰をおろしてヒールを脱ぐ。あるいは芝生に座って脚を伸ばしつま先と足裏を開放する。職場では机の下でパンプスから

足を抜きナイロンの湿気を乾燥させる。その時に三日月(=つま先補強)があれば、この女性は歩く時間が長い女性なのだろうと想像する。

めったに見ないが、そういう場所でヌードトゥのパンストを穿いている女性はクルマでの移動がほとんどなのだろう。そうでなくてはパンストは

すぐに破れてしまう。どちらがステキというのではない。思いもよらず見ることができた足裏やつま先を目にしてふとそう思う。

顔騎

labyrinth

 顔面騎乗でまんこを男の顔に密着させる。男の舌が小陰唇や尿道孔、クリトリスを刺激する。女の腰が無意識のうちに動き出してしまう。

女は恥ずかしさに動きを止めて耐えようとするが、声が漏れ、腰は自分の意志と関係なく前後左右に卑猥に揺れる。はしたない自分の姿に

顔から火が出る想いがする。しかし顔面に密着したまんこを外すことを自分のからだが許さない。恥じらいと快楽が絶頂に達した瞬間に、

勢いよく潮が噴きだし男の顔と口にかかる。漏らした恥ずかしさに女は細かくうち震える。潮の残滓をすくいとってやる瞬間が至福の瞬間だ。

恵方フェラ

labyrinth

 恵方巻きは遊郭でのお座敷エロ遊びが期限という説がある。口いっぱいに頬張る姿はフェラチオそのものだからあながち的外れではないはずだ。

男女の前戯でも恵方フェラは応用できるはずだ。男が仁王立ちとなり女は正座してちんぽを頬張る。下半身はパンスト直穿きが正規の装いだ。

無言である必要はない。ピチャピチャといやらしい音を立て、手はキンタマをお稲荷さんに見立てて撫で回す。白い情熱液がほとばしるまで

口をちんぽから離さない。そうしたルールでたわむれるのも悪くはない。現代の遊郭遊びとして復活したら面白いはずだ。

いたずら

labyrinth

 女が運転する。スカートの下は直穿きだ。青信号に変わり発進する。それと同時にスカートをめくり上げる。女はとっさに左手でスカートの

裾を下げようとする。浮かせた腰の下に右手を滑り込ませて、指先がまんこに触れるよう軽く曲げる。腰を降ろせなくなった女は戸惑う。

次の赤信号でやっと停めることができる。「やめて。危ないじゃない」と言いながらクロッチはうっすらぬるく濡れている。女の言葉が聞こえ

なかったかのように発進とともに同じことを繰り返す。女の息が荒くなり、車を左に寄せて停める。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR