FC2ブログ

ランガードには不思議なエロがある

labyrinth
 ミニスカやデニムのショーパンからチラ見えすることがあるランガードにときめく。色が濃く、デニールも厚い、いわばセクシー

と遠いところにあるはずなのにセクシーで、チラっと見せることで男を誘惑しているのではないかとさえ思えてならない。女にと

ってランガードはファッション的に見えてもおかしくないものなのだろうか。
labyrinth
 ナチュであれブラウン系であれ黒であれ、ランガードが見えればフェチだけでなく男は目を奪われるだろう。オールヌードタイ

プのパンストはもちろん素敵だ。ハイレグレオタでは必需品に違いないが、普段穿きではランガード付きのスタンダードパンス

トも捨てがたい魅力があるのも確かだ。予期せぬシーンで太ももの色合いとは違う、ランガードにはまた別の魅力がある。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

スト足裏には女のたしなみが現れる

labyrinth
 足裏は足の甲と違い、普段は誰にも見られない場所だ。だから手入れがおろそかになってしまう場所でもある。おざなりにニオ

イを取り覗けばいいというつもりで軽く洗い流していればあっと言う間に劣化する。毎日、全体重をその小さな足で支えているの

だ。いたわってやらなければすぐ女を忘れてしまうところなのだ。角質が厚くなり、かかとはヒビ割れてきてしまう。
labyrinth
 そこには女が凝縮されていると言ってもいいだろう。足は第2の心臓と呼ばれるほど大切なところだ。土ふまずを強く噛み、そ

して吸えば、女は思いがけない感覚に全身が電流を透されたようにしびれる。毎日蒸れて汚いはずの足裏がなぜこんなに気

持ちいいのか戸惑っているのかもしれない。尿が伝わるまんこ、排泄のアナル、そこに次ぐ快楽スポットを大切にしてほしい。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

予感が性感を高める

labyrinth
 尻はさほど性感帯が集中している場所ではない。だがそこに唇が触れ、甘く噛まれたら女は「あっ……」と歓喜の声をあげ

る。ケツビンタされても痛みはさほど強くない。尻の肉がクッションとなるからだ。小さな痛みよりもビンタの音に興奮すると言

ってもいいだろう。尻を甘噛みされて感じるのはアナルやまんこに通じる想いがあるからだ。
labyrinth
 脚もまたそういうパーツのひとつだ。スネそのものはキスされて全身を貫く快感が広がる場所ではない。そこを口唇愛撫され

ているという歓び、唇が太ももに上り、そしてまんこに到達する期待があるから小さな声を漏らすのだ。荒縄で縛られるのも

縄そのものが快感をもたらすアイテムなのではなく、自由を奪われた先にある予感が息を荒くさせ。淫汁を溢れさせる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女性看護師たちの前戯と交配

labyrinth
 医師も看護師もカラダのパーツは教科書に載っている呼称を使う。ちんぽは陰茎であり、タマは陰嚢、まんこは膣だ。だが、

私生活はどうなのだろう。「も、もうガマンできない……挿れて……」「なにを挿れてほしいか言ってごらん」「こ、この、充血して

太く大きくたくましくなった陰茎を挿れてっ」「この陰茎をどこに挿れてほしいんだ?」「愛液があふれる私のl膣に挿れてっ」
labyrinth
 おそらくこんな無味乾燥な教科書用語ではないだろう。これでは淫靡を高めるどころか笑いだしてしまうに違いない。おそら

く職業が崇高であるほど日常的な卑猥さに満ちた単語で恥ずかしさを増幅させるに違いない。「なにを挿れてほしいか言って

ごらん」「お、おちんちん挿れて」「おちんちん? それは赤ちゃんか子供の性器だろ? 大人のはなんて言うんだ?」
labyrinth
 言葉責めは人前で使わない隠語であるから興奮する。プライベートではオフィシャルで着ている鎧を脱ぎ去るものだ。それ

は医師や看護師に限らず、裁判官や弁護士にも言えることだろう。「勃起した男根を膣に挿入した」と法廷で言っていても、ベ

ッドの上では「このたくましいちんぽを、ベトベトのまんこに挿れて」と哀願するのではないだろうか。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

公園のベンチでの幸運 2

labyrinth
 公園を歩いていたら長いスト脚の女性とすれ違った。思わず振り向いて見とれてしまったほどきれいだった。そのまま遠ざか

るのだろうと思っていたら、あいているベンチに腰を下ろした。ハイヒールミュールを脱ぎ、ベンチの座面で脚を横に流して女

座りをするシーンに目が釘付けとなってしまった。とてもきれいな足指が三日月を透して見えていた。風景写真の一部分だが

僥倖を感じるワンショットとなった。
labyrinth
 他のベンチでは黒ストでたたずむ女性がいた。夏に黒ストは目立つ。それだけに目を引いた。女性たちは視線を浴びてより

美しくなってゆくのだろう。パンストは衣類の一部に過ぎないと女性は考えているのだろうが、女性の脚をより美しく飾るアイテ

ムとして発明されたものであることは間違いない。女性が脚を飾ることで街はもっと華やかで美しくなってくれることだろう。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

食い込んだまま歩かせる快感

labyrinth
 パンスト直穿きでセンターシームをまんこに食い込ませて散歩させる。スカートは穿いていてかまわない。歩くたびにセンタ

ーシームがクリトリスを刺激してクロッチ部分に粘液が広がる。誰に見られるわけでもないが、人の少ない場所よりも、不特定

多数がいる空間のほうが女はまんこの濡れを意識する。不自然な歩き方をしているのではないかと不安になってくる。
labyrinth
 用が足したいわけでもないのに「ねえ、トイレいきたい」と言っても承知しない。もし本当だとしても、もっともっと聖水がたま

るまでガマンさせる。そうしてやっと放水を許可する。その時に女に放水シーンを録画させる。勢いよく流れる聖水。はしたな

い音を立てて流れる聖水……。まんこを拭かせることなく濡れたパンストを食い込ませるように穿かせる。

ストを穿く女の姿は美しい

labyrinth
 パンストを穿くのは社会人となった女のマナーであり、そのパンストを脱がすのは男のたしなみである。女が自らブラウスや

スカート、ブラをはずしパンストや下着を脱ぐのは娼婦のようであり、はしたない行為だと女は思っている。つまり脱がされるこ

とを待っている。唇を重ね、舌を絡めあいながらブラウスのボタンを外され、脱がされることを待っている。
labyrinth
 一枚、また一枚と女の鎧を取り払うたびに肌の露出が増え、ブラジャーといった小さな飾りいっぱいの下着が顔を見せる。男

は乱暴にそれを女の体からはがすのではなく、観賞した上で「きれいなカラダに似合うブラをしてるね」と褒めてやる。「そんな

に見ないで」と言いながら見られる歓びにまんこは濡れる。パンストもいきなり脱がさず、脚を飾るストと共に観賞する。
labyrinth
 「とってもキレイだ」「もっとこのままでいてほしい」……そう賛美しながら手はスト尻や太ももをまさぐる。けっしてまんこに触

れてはいけない。女を焦らし、下着のクロッチが濡れてきても焦らす。パンストに手を入れ、フルバックの下着をTバックのよ

うに変形させて食い込ませる。コットンがアナルにもまんこにも密着する。その濡れた下着は今日の記念品となる。

湿ったスト足裏は最高の媚薬

labyrinth
 蒸れてしっとりとしたスト足裏を触られることを嫌う女が多い。乾いたスト足裏よりも、蒸れて生身の女を感じさせる足裏こそ

セクシーなのだと繰り返し刷りこむことで女はエロさを増していく。湿った足裏に頬ずりをし、ニオイが凝縮した足指に鼻を近ず

けて胸いっぱいに嗅ぐ。小さな足を愛おしく撫でまわし、かかとを甘噛みし、アキレス腱に舌を這わす。
labyrinth
 土ふまずに強くキスをしながら舐める。そこまでの順序を何度か繰り返した後で足指を口に含む。三日月が唾液でべとべと

になる。女も極薄とはいえナイロン越しに舐められるじれったさに体をよじり始めたら、パンつまを破り足指を露出させる。

ビリビリと非日常の音が部屋に響く。その音が女の興奮を高める。ナマで舐められる足指の気持ち良さに絶叫するはずだ。

職場のサンダルスト脚

labyrinth
 オフィスで見るパンつまはたとえようのないエロスがある。オフィスでの交尾が背徳的であるのに似て、パンつまも三日月も

スト脚も淫靡な妄想に直結しているかのようだ。もちろんそんなことを考えているのはパンスト美脚フェチだけなのだろうが、ベ

-ジュパンストの脚や三日月から透けて見える足指に遭遇するたびに、無機質な職場に花が咲いたような明るさを感じる。
labyrinth
 机の下で無防備に遊ぶスト足や緩むヒザをそっと覗き見るのもオフィスならではの醍醐味だ。脚を汲んでみたり、サンダルか

ら足を外してブラブラさせたりしているシーンに遭遇すると砂漠でオアシスを発見したような気持ちになる。残業で一人の職場

で、その女性が穿いていたサンダルを手にとってニオイを嗅ぐ。ライブのスト足のぬくもりがあればどれほど幸せだろうか。

突き出させたスト尻

labyrinth
 女を四つん這いにさせてケツを高く突き出させる。屈辱的で、バックから串刺しにされるのがわかっているポーズなのに、顔

が見えない安心感もあるのだろう。恥じらいながらも男の命じるままになる。わざとかもしれないが、最初はおずおずとケツを

浮かす。ケツを思い切りビンタされて悲鳴のような歓喜の声を上げながらより高くケツを持ち上げようとする姿がかわいい。
labyrinth
 「ケツの肉を両手で広げてアナルがはっきり見えるようにしろ」ときつく命じれば、枕に頭を埋めて両手をケツのほうに回す。

恥じらいながら双丘をそっと広げる。「もっと広げろ!」との言葉と同時にケツビンタの雨が降る。室内に肉の太鼓が響く。

上手に出来るようになったらケツを撫でながら尻肉を甘噛みする。秘唇はもうしとどに濡れている。

公園のベンチでの幸運

labyrinth
 蝦夷でも夏はパンスト脚が絶滅寸前の希少種になる。それでも素足のような透明度のパンストを穿いた女性を見かけること

がある。フェチにはその女性が天使のように思えてくる。ベンチに腰をおろして手鏡を見たり、スマホをいじっているアラサーの

女性がいた。ストつま先だけをパンプスのフロント部分にひっかけ、土ふまずとかかとを浮かせて初夏のそよ風にあてていた。
labyrinth
 ベンチエンドに腰をおろし、休憩するふりをしながらパンスト足をチラ見していた。時折、親指を広げたりして風を採り入れて

いるかのようにしていた(上の写真と下の写真は微妙に親指の開きが違うことがわかると思う)。この足の匂いはどんなに芳

しいのだろうと想像しながらサイレントモードでカメラのシャッターを切った。

2017 暑中お見舞い申し上げます

labyrinth
 本日はウザいテキストは添えません。熟女の年代にさしかかった、ムッチリ直穿き脚で涼を感じていただけたら幸いです。
labyrinth

サイレント

labyrinth
 構造上、そして現在のメカでは出来ないことのひとつが完全サイレントのアダルトグッズ開発だ。ローターやバイブが全く音

を発することなく振動し、あの卑猥な動きをするようになれば女はどれほど喜んで手にするようになるだろう。オナニーするこ

とが恥ずかしいのではなく、あの音を聞かれる恥ずかしさが耐えられないという女は少なくない。
labyrinth
 ローターをまんこに沈めたら音は外に漏れなくなるが、それでもパーフェクトではない。静かなコンビニではレジのバイト女性

にくぐもった音を聞かれているかもしれない。そのかすかな振動音が羞恥心を刺激するからいいという人もいるかもしれない。

ただ、完全無音のローターを朝からまんこに仕込んで出社させたりするプレイには微音すら邪魔でしかないだろう。
labyrinth
 指を使ったオナニーは完全サイレントではあるが、次の動きがわかってしまうからハプニングに乏しい。自分で思いもしなか

った動きがあるから男の愛撫は刺激的なのだ。つまりサイレントで予測不能の動きをするローターやバイブがあればいつでも

想定外の刺激に歓喜することができる。それらが完全防水であったなら、オナニーライフはより楽しくなるだろう。

はじめてのパンスト直穿き

labyrinth
 消えかけていた肉欲に火を点けられた女は男の言いなりになる。それが背徳的であればあるほど炎は大きく燃え盛り、時に

女のカラダそのものを燃やしつくしてしまいそうになる。エロ下着を身につけたことで自分の卑猥にうち震える。まさかこんな

いやらしい下着をつけることになるなんて想像もしていなかった。こんなのあたしじゃない……そう思っていてもいったん性の

歓びを再認識されたカラダは逆らうことができない。「今度会う時はノーパンでパンストを直穿きしてこい。スカートで、だ」
labyrinth
 そう命令されて息が止まりそうになるくらい驚いても抗(あらが)うことはせず、男の言葉に従ってしまう。ハンドバッグの中に

パンツをしのばせておこうという考えも浮かばず、男の言葉に従順になることで女を再確認しようとする可愛らしい自分がそ

こにいることに気付く。もう夫は単なる同居人となっている。ハウスシェアしている無害の異性となっている。女であること再認

識させてくれた男に、身も心も奪われてしまっている。恋する乙女のように、理性ではなく本能に突き動かされてしまう。

おばさんパンツの女

labyrinth
 レスになっている主婦は身につける下着もおしゃれとは縁遠くなってしまう。実用一点張りで面積の小さなキュートでセクシー

なパンティーを穿くことがなくなっている。フロントだけはレースがあしらってあっても、バックは大きな綿布が尻をフルサポート

している。そんな女には下着を穿かせたままで執拗に前戯を重ねる。「もっとかわいい下着なら、もっと魅力的なのに……」

そう言って恥ずかしい想いをさせる。淫汁がすべてコットンパンツに染み込むのを待つかのように焦らす。
labyrinth
 「さわって……」「どこを?」 陰部の名称を口にするまで決してさわらない。ようやく「ま、、まんこ」と言えたらご褒美として

下着の上から割れ目をなぞってやる……より淫汁が染み込むように。「じかにまんこにさわって」と懇願してきたら下着の中に

手を入れてまんこを弄(いじ)る。「ちんぽ、ほしくなったか?」 うなずく女。「下着を脱ぐんだ」と命じ、自ら裸になるよう促す。

全てが終わり、身支度を整えようとする女の手からパンツを奪う。そして小さなスキャンティをプレゼントする。夫の前では

絶対に穿いたことのないエロ下着。「お前はもうおれのものだ」と認識させるために穿かせる。そうして帰宅させる。濡れた

おばさんパンツは「次に会えるまでこれでオナニーして、洗って返してあげる」と言って凌辱管を植え付けるのだ。

かくし味

labyrinth
 濃密ではしたない痴態を繰り広げてまんこの熱がさめやらぬうちに、セフレは裸に下着をまとい始める。なにごともなかったか

のように澄ました顔でまじめな主婦に戻る。家ではダンナに抱かれるかもしれない。レスであっても食事のテーブルで顔を合わせ

ることはあるだろう。まんこに野菜や果物を仕込んで帰宅させたい欲望が頭をもたげる。ミニトマト、さくらんぼ、精鋭と淫汁にまみ

れた食材はどんな甘さになるだろう。帰宅途中で落とさぬよう、パンスト直穿きで栓の役割をさせる。鬼畜の仕打ちだ。
プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR