FC2ブログ

自撮りヌードの限界

labyrinth
 自撮りヌードでブログにアップしている女性(ひと)がいる。技術的には工夫の余地があるが、奇をてらうことなく素直に自分の

裸体を撮っている点は好ましい。自分の裸を晒す(見てもらう)ことでシェイプアップ作用があるのも確かだ。ダイエットも女を磨く

ことに効果はあるのだろうが、不特定多数の人間に毎日自分を見られる「視線浴」に敵うものではないと思う。
labyrinth
 ただ自撮りの限界もおのずからある。女体を美しく表現したい男が撮れば、被写体の女性が気づかない本人の美しさを表現

してくれるはずだ。男性カメラマンに裸を見られる恥じらいは一瞬で消える。ファインダーを覗く目には卑猥な光は全くない。

男は女の裸身のどこをどう見ているか。それは女性のセルフヌードでは表現しきれない視点だと言える。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

無味無臭は味気ないが喘ぎ声が隠し味になる

labyrinth
 洗濯後、風にそよいでいるパンストはフェチ心をくすぐる。シワシワでだらしなく伸びたパンストだが、そこに女体が閉じこめられ

ていて、肌やつま先に密着していたと思うだけで勃起をさそう。もし新品がかけられていても興奮して眺めることはないだろう。ヒ

-ルから解放されたばかりのウエットなパンスト足に興奮するのはそこに世界にひとつだけのニオイを持つ生きた足があるからだ。
labyrinth
 だから無味無臭であれば興奮はゼロに近くなるはずだ。シャワーを浴びて匂いの全てを洗い流した後で、新品のパンスト

を穿いたとしても、そこには視覚的フェチを満たす眺めがあるだけになる。それでも足指をしゃぶり、指と指の間に舌を這わせ

て味わううちに、女が喘いでくれれば救いがある。匂いが能を麻痺させてくれない代わりに可愛い喘ぎ声が理性を狂わせる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

パンスト直穿きに染みついたまんこ汁の楽しみ方

labyrinth
 パンストを直履きさせて人ごみの中を歩かせるだけでまんこは濡れて、粘り気のある淫汁はクロッチにねっとりとしたシミを

つくる。ぬるぬるとしたまんこが誰に見られるわけでもないのに女は歩きにくそうに歩幅を狭める。コンビニのトイレで濡れた

まんこを拭きたいのだが、男からは「ぜったいにまんこを拭いてはいけない」と命令されている。
labyrinth
 すれ違う男たちの視線を集めるミニスカートを穿かされ、エスカレーターに乗る。後ろの男たちが太ももを見ているのが痛い

ほどわかる。その視線がまたまんこを刺激して淫汁をあふれさせる。部屋に戻りパンストを脱がせ、クロッチの匂いを嗅ぎ、

べっとりとついた淫汁をちんぽに塗る。パンストは冷凍保存する。あくる日、解凍してぬるぬるしたクロッチでちんぽを包む。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女性フェチブログ、文章は女、写真は男目線

labyrinth
 女性自身によるフェチブログが驚くほど少ない。インスタで料理を撮ってアップしたりするのはひんぱんにやっているのに、自

分をアピールするツールとしてブログをもっと使いこなしてほしい。インスタであろうと個人ブログであろうと顔や住所などの個

人情報を明らかにする必要はない。自分の性体験を書くことで男は女性のナマの生態に触れることが出来る感動に震える。
labyrinth
 その時に文章は女性文体であるほうがリアリティーが増す。だが写真は男目線で撮ったもののほうが読者には好評だ。女性

は、たとえば足指になぜ男が興奮するのか理解できない。理解できなくともそういうものだと割り切ってくれるといいのだが、自

分で撮ればスルーしがちになってしまうパーツでもある。パンストを穿くことも同じだ。パンスト越しに見える足指、陰毛(まんこ

ではない)、太もも、お尻、それらの写真はダウンロード販売で副収入となる。こうした売り方も女のカラダは出来る。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

真冬のパンスト

labyrinth
 冬至を過ぎて昼の時間が少しずつだが伸びてくると、街にパンスト脚の女の子を散見するようになってきた。年齢的にはお

そらく十代後半から二十代前半といったところだろう。パンストから透けて見える肌が艶めかしい。まだまだ低い気温にもかか

わらず先鋭的に次の季節のファッションを採り入れる。こうしたチャレンジはおばさんには出来ない。おばさんがトライしても

見向きもされることはないだろうから、おのずと若い子たちが主流になる。こうした街なかでの遭遇に春の訪れを感じる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女の特権を放棄するような女が増えてきた

labyrinth
 パンストを穿かず素足=ナマ足のままミニスカで歩く女が増えている。女だからこそ許されるパンストを穿かない理由として

「窮屈」「蒸れる」エロい」「暑い」ということがある。せっかく女に生まれた特権を自ら放棄するような選択が理解できない。それ

でいてレデイース割引などは平然と享受する。いっそパンスト着用割引でもあればパンストを穿くようになるのだろうか。
labyrinth
 男がパンストを穿いて悪いということはないが「キモい」ことも確かだ。パンストは女性の脚を魅惑的に見せるアイテムとして

発明された。穿くことによって脚の輝きが格段に増す。テレビの女性ニュースキャスターやアナウンサーのパンスト美脚にい

つも目を奪われる。それに対してバラエティーでタレントのナマ足を見るたび、幻滅してしまうことがここ数年続いている。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

ムネ肉とモモ肉……胸か腿か

labyrinth
 鶏肉がヘルシー食材として注目されているようだ。脂がなくパサパサしている胸肉ファンと、適度な脂が混じってなめら

かな味わいを感じる腿肉ファンとに分かれているようだ。

 人に置き替えてみると甲乙つけがたい味と魅力がどちらにもある。柔らかさの象徴である乳房だけあればいいと思う男は

そう多くないだろう。腿も脂がなさ過ぎては女の魅力に欠けるだろうし、あり過ぎてもフェチを満足させないかもしれない。
labyrinth
 パンスト美脚フェチにとってメインディッシュは腿肉なのだろうと思う。肌に密着する薄皮の向こうには秘肉がある。直穿き

したパンストにはまんこの微妙で妖艶なニオイが染み込んでいる。すぐに淫汁が湧きでる泉に食らいつくのではなく、薄皮の

上からゆっくりとニオイを嗅ぎ、甘噛みしながら手を上に伸ばし、胸肉の弾力を楽しむのが至福の時だ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

隠語を口走るのはふしだらではない

labyrinth
 愛撫されて「まんこ、いいっ」「クリトリスなめて」と隠語を口にする女はかわいい。「挿れて……」と恥ずかしそうに言う女に「な

にを挿れてほしいか言ってごらん」と焦らしながら促(うなが)せば「これ」とちんぽを握りながら小さな声で応えるだろう。「これ

じゃなくて名前で言ってごらん」「お、おちんちん」「それは赤ちゃんか子供の頃の名前だろ? 大人の太いのはなんて名前だ?」
labyrinth
 「お、おちんぽ」 そう口にしたら次には「ちんぽを挿れてほしいところはどこ?」と畳みかける。「まんこ」と答えるまで絶対に

挿れてやらず、指はクリトリスを刺激し続ける。合体しながら「どこがいいか言ってごらん」「言わないとやめるぞ」と続ける。

ようやく「まんこ、いいっ」と言えた女のまんこは淫汁でべとべとになる。隠語はスパイスでありそれを言うのはふしだらではない。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

オナニーは女の若さを保つ最高の薬

labyrinth
 オナニーでまんこを濡らすのは女の若さを保つ=アンチエイジングにとって最高の妙薬だと思う。自分でまんこをいじってな

ぐさめるなどプライドが許さないと思う女もいるようだが、どんなサプリメントより血行を良くし、肌にうるおいをあたえてくれる。

人前でクリトリスをいじったり、まんこに指を挿れるわけではない。自分だけの秘め事になんの遠慮がいるだろうか。
labyrinth
 濡れる自分から遠ざかれば遠ざかるほど肌もまんこも枯れる。下着を飾る気持ちもなくなり、大きなオバさんパンツを穿いて

なんとも思わなくなれば実年齢以上に老ける。いつハプニングがあってもいいように下着を整え、女をキープすることは背徳

でもなければふしだらでもない。若々しい女の魅力が男を引きつける。オナニーでフェロモンを呼び起こすメスがモテる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

婚活に必要なのは短めのスカートとパンストだ

labyrinth
 今日もどこかの街で婚活が開催されているのだろう。出会いパーティーと言ったリするらしいが、おそらく主導権は女が握って

いる構図は昔も今もさほど変わらないと思う。だが20代の「売り手市場」ならばいざしらず、アラフォーあるいはオーバーフォーに

なった女性が主導権を持てると思わないほうがいいだろう。いつの時代でも日本の男は謙虚で奥ゆかしい女性を求めている。
labyrinth
 寄り添う前から上から目線の女に媚びようと思う男はいないと思ったほうがいい。それを狙うのは後妻業を営むカマキリ女

だ。「売り時」を過ぎて「見切り品」になりそうな自分に気付かず、安い会費で高い男を見つけられるという妄想を捨てるべきだ。

パーティーではしっかりパンストを穿いて、短めのスカートで肌部分を見せて「消費期限」をアピールすべきだと思う。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

嗜好は変わりながら元に戻るものかもしれない

labyrinth
 パンストがまだ誕生していなかった頃、ストッキングにはバックシームがあった。そしてつま先補強とかかと補強もあった。パ

ンストが誕生してバックシームは姿を消した。でもしばらくはパンストでもかかと補強はあったが、伝線しにくいナイロンの編み

かたが開発されてかかと補強は見なくなった。つま先補強(三日月)は不変と思っていたが、オールスルーが常識を覆した。
labyrinth
 足指の一本いっぽんが透けて見えた。初めてのオールヌードは衝撃的だった。そのまま足指を舐めたいと本気で思ったほど

だ。でも今は三日月に包まれた足指にもエロスがただよっているように思えるようになった。ファッションパンストではバックシー

ムもかかと補強も復活している。ノスタルジーとしてではなく、スト美脚フェチになり始めた頃の記憶がよみがえってくる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

仕事始め

labyrinth
 長い休みを海外で過ごした人も今日から仕事始めだろうか。のんびりしていた時代には役所の仕事始めは女性職員が和装で

登庁していた姿がニュースになっていた。今はそんな優雅な風習もなくなったのだろう。だからといってミニスカ+パンストで仕事始

めを祝うといったイベントも生まれていない。セクハラだと騒ぎたてる者がいるのだろう。ミニが似合う女性への嫉妬からだ。
labyrinth
 顔とスタイルに自信のある者ならセクハラを声高に叫んだりしない。笑って受け容れて誇示するだけの余裕がある。顔面偏

差値と体型偏差値の低い者がセクハラに名を借りて憂さを晴らそうとしているだけに見える。女の敵は女ということだ。職場は

社員だけのものではない。来訪者が多いほどビジネスチャンスは増える。そのための明るい職場作りを惜しまないでほしい。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

お屠蘇あるいはわかめ酒

labyrinth
 正月だから変態も許される。いや、イベントならば年中許されるのかもしれない。恵方にかこつけてフェラをさせる、ひな祭り

ならば射精を「白酒」に見立てて口内発射して飲みほしてもらう、6月9日はシックスナインを満喫する。正月だからこそ溺れてみ

たいのは「わかめ酒」に尽きるのではないだろうか。クンニが好きな女も脚をきつく閉じてそこに酒をそそぐわかめ酒は未経験だ。
labyrinth
 お屠蘇でほんのり酔ったカラダは変態を受け容れる素地が整っている。変態行為は快楽に直結していることをカラダが知っ

ている。お屠蘇で理性の鍵は外れている。アブノーマルの楽しさを調教するには正月という状況はうってつけのアイテムにな

る。楚々としていた女が時と共にすけべになってゆく。調教師はパートナーだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

後悔先に立たず

labyrinth
 あの頃、焦らしの愛撫が出来ていたら性ライフはもっと淫靡で楽しく、経験の浅い女も熟女も自分の虜に出来ただろうと思う。

いきなりおっぱいや乳首にむしゃぶりつかず、首筋に跡が残らない程度にキスの嵐を降らし、耳たぶを甘噛みし、背骨に沿って

なめくじのように舌を這わせて女を中からゾクゾクさせたに違いない。ていねいに何度も背中を往復しながら女を焦らす。
labyrinth
 ブラのホックを外さず女の腕を頭の上でバンザイをさせてワキの舌を舐めまわす。汗の味と肌のニオイが混じるワキの舌を

味わいながら掌(てのひら)はブラの上からおっぱいをソフトに揉む。「ち、乳首を吸って……」と懇願するまでナマ乳に触れな

い。同じようにまんこも女が「さ、さわって、お願い」と言うまでパンティーあるいはパンストの上から触るだけにする。どこに障

ってほしいか、そこの言葉を言うまで焦らす。今の性戯と余裕がその頃あれば、貢がせることが出来たに違いないと信じている。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

初夢

labyrinth
 初夢は一富士、二鷹、三なすび……が縁起のいいものらしい。起源はまったくわからないし、そんな夢を見たいとも思わな

い。パンスト美脚フェチとしては、個人的にだが、一ナチュ、二黒、三ベージュj……の夢を見るほうがよほどありがたい。今年

の運が開けるような気がする。一つま先、二足裏、三ふともも、四アキレス腱、五ヌードタイプ、六ランガード……きりがない。
labyrinth
 それだけパンストは奥が深いと言える。三日月やつま先が見たいのならひざ下ストッキングでもいいじゃないかと言う人たち

はフェチの繊細な気持ちを理解していない。下半身の全てに密着し、まんこの匂いをかすかに移すパンストでなくてはならな

いのだ。夏の蒸れたパンストに女性のみだしなみやたしなみを感じるからこそパンスト脚がいとしいのだ。
labyrinth
 パンストの色は人それぞれ好みは違う。自分としてはナチュラルベージュにそそられることがいちばん多い。ほのかに甘い

ニオイがすると勝手に想像している。黒はベージュより強めのフェロモンがあふれているように思う。ベージュは穿いているこ

とをアピールして、「ねんね」ではない「大人の女」を嗅ぎ取ってもらうという意思を感じる色なのだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

元日、初夢、そして福袋について思うこと

labyrinth
 2018年を迎えたからといって自分の中のフェチはなにも変わっていない。男女を問わずパンスト美脚フェチへの理解が深まっ

てくれればいいいと思っている。美しいものを美しいと認識してくれれば街はもっと華やいだものになる。パンスト美脚は心の

潤滑油だから。そして新しい元日の祝い方として、和服ばかりではなくミニスカとパンストの組み合わせが広まってほしい。
labyrinth
 初夢は2日の夜に観るものだっただろうか。一富士二鷹三なすび、が縁起いいと一度も思ったことがない。それよりもパンスト

脚や三日月に包まれたつま先の夢をみてみたいとずっと思ってきた。福袋については脱ぎたてパンストを詰めたものを売って

くれないだろうかとばかり考えている。きれいなキャバクラのキャストが穿いたパンスト福袋はきっと売れると思う。末尾になり

ましたが拙blogをご覧いただいているみなさま、パンスト美脚フェチのみなさま、本年もよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR