FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて見た成熟したまんこ

labyrinth
 まんこは大人になっても一本のスジがあるものだと思っていた。肌色つながりが下腹部まであるものだと思っていた。毛が

スジを覆い、それを掻き分けると肌色の奥にピンクの秘肉が見えるものだと思っていた。成長にしたがってまんこが体の正面

から下方へ移動してゆくものだと思いもしなかった。スジまんが、あんなにグロテスクな小陰唇になっていると思いもしなかった。

クリトリスを舐めながらまんこに指を挿れても小陰唇を広げてまんこを見つめることが出来なかった。初めてまんこを広げて中

を見つめたのは69をした時だった。まんこは初めての機会を広げてくれた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

“女”がよみがえる時

labyrinth
 配偶者とレスになるのは自然なことだ。どこをどうすれば相手がどんな反応をするかわかりきっているのだから、そこにはと

きめきというものはない。生殖行為が必要ない年齢になれば安心して中出し出来る利点があるのだが、同じパートナーではそ

んな気にもならない。であれば出会い系サイトで異性を求めることとなる。パートナー以外の人のちんぽを受け容れる、不倫、

浮気といった倫理上の諸問題さえクリアできれば、そのハードルは意外なほど低い。そして一旦その壁を超える時に、交尾の

前から淫汁が湧き出ていることに自分が驚く。まんこが熱くなり、淫汁は太ももを伝う。自分がまだ“女”であることを知る。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

探究心

labyrinth
 小さな三角の布に包まれたところにはどんな素晴らしい宝が隠されているのだろうか。この可愛い女の秘部はどんな形をし

ているのだろうか。オアシスは甘美だろうか、どんなさえずりを生み出すのだろうか……様々な想像が頭を駆け巡る。まんこ

は大人になるにつれて体の真下へと移動する。真正面から割れ目がくっきりと見えるのは子供時代までだ。だから思春期を

過ぎた女のまんこがどうなっているのか同年代の男はわからない。あの一本のミゾが消え、ビラビラに包まれて色が肌とは

別になっていることに衝撃を受ける。それでもまんこを嫌いになる事はなく、人によって形も色も違う新発見が常にある。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女が下着姿になる時は覚悟を決めている

labyrinth
 勝負下着ということがひと昔前に言われた。おそらく今も続いているのだろう。勝負下着とはそういう場面に遭遇することを

想定して、そういうシーンになっても構わない時に身に着けるものだと思っている。部屋を薄暗くして、衣服を剥ぎ取ってゆく。

そしてブラとパンティー、パンストだけになった時に植えた狼のように全てを剥ぎ取るのではなく、女が身に着けている下着を

褒め、観賞することを怠るべきではないと思う。「そんなに見ないで……」と女は言うだろうが、「素敵だよ」「可愛いよ」と耳元

でそっと囁いてやる優しさを男は持ち合わせたい。おばさんパンツの時に女は男の前で脱がないものだからだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

通勤用はタイツでもいいが、職場ではストに穿き替えてほしい

labyrinth
 パンストの売り上げは全国的に減少傾向なのは統計から明らかだが、売り場を撤去するまでには至っていない。ドラマな

どで出演者の女性が必ずパンストを穿けば、サブリミナル効果やらでもっとスト着用率が高まるだろう。そして真冬の寒さ対

策として近年タイツのシェアが急激に伸びている理屈も解らないではない。女性の結婚願望が激減しており、生涯独身率も

生涯処女率も年を追うごとに高くなっているからだ。だが、木枯らしが吹きつける外なら防寒用にタイツを穿いていてもいい。

ただし、職場に着いたならばパンストに穿き替えてもらいたい。室内は暖房が効いている。野暮なタイツでいる必要はない。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

健康増進法

labyrinth
 健康増進法という大きなお世話的法律が出来た時、メタボのDBにも適用するのかと思っていた。主にタバコを規制するた

めのものだった。この間、久々にこの文言を見て笑ってしまった。もし聖水を飲むことを規定していたら……もし黄金を食べる

行為を規定していたら、と考えたのだ。ア〇ル舐めもク〇ニもそもそも不衛生だ。スト足指なめ、足裏舐めも同じことだ。だが

それが不衛生で背徳的であればあるほど燃え上がってしまう。健康を増進しなくとも好奇心と快楽を探究する心は満たされる。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

三日月や極薄のナイロンに包まれたストつま先の魅力

labyrinth
 女の足指には淫力がある。ただ、女はその魅力に気付いていない。パンストも女を高く売るためというより、着用するのが

決まりだから従っているだけであるように見える。ただ、フェチとはそういうものかもしれない。女が男にフェチを感じるのは手

の甲に浮き出た血管であることが多い。男は血管など意識していないだろう。それと同じように、三日月や極薄のナイロンに

包まれた足指のエロスを女は意識していない。ストの中で足指を動かすことも単なる運動のように考えている。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

ブーツに興味はないが、ブーツを脱いだスト足の匂いには興味がある

labyrinth
 ブーツを見かける季節になった。オープトゥのヒールはもういない。ブーツから覗くパンスト脚にさほど興味を感じないが、

ブーツを脱いだばかりのスト足の匂いや蒸れには異常なほどの興味がある。それは変態の域に達しているのかもしれない。

酸味と臭みが混然一体となって立ち上ってくる。モワっとした匂いは脱いだばかりのスト足に近寄って初めて嗅ぐことができ

る。頭の芯がくらくらしてしまうような不思議な感覚。フェチの同志ならば解ってもらえるものと思う。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女には臭いだけのパンスト足裏もフェチには蜜の匂いだ

labyrinth
 脱ぎたてのパンストのつま先の匂いを嗅ぐ。あまり匂わなければ明日も穿く。それが毎日洗うことのない女の日常の姿だ。

その時、女が真っ先に鼻先に近づけるのはパンつまである。そこはやはり匂いが凝縮する場所なのだ。足指が匂うわけで

はなくヒールかサンダルの匂いなのだが、匂いそのものが足指の匂いだと錯覚しているのだ。足裏も同じだ。女にとっては

地面に最も近い不潔な場所なのだが、フェチにとっては女を支えてきた愛しいパーツである。だから頬ずりしたくなる場所だ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

黒ストが持つ妖艶さは女を怪しく見せる

labyrinth
 ナチュストは清楚、黒ストは妖艶。そんなイメージが自分にはある。黒ストがイブニングドレスに合うと思いこんでいるせいか

もしれない。結婚披露宴にはナチュストと決めつけている自分の対極に黒があるからかもしれない。葬儀で黒ストに欲情して

しまう不謹慎な自分だからそう思うのかもしれない。街でタイツではなく黒スト脚の女性を見かけた時はその美しさに見とれる。

黒ストは縞模様ふうに見えないように穿くのが難しい。きちんと薄く延ばして穿く身だしなみの良さに感激するからかもしれない。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

女が自分の指で広げるまんこの神秘

labyrinth
 小さな尿道孔からほとばり出る尿は、アナル方向に伝わって滴り落ちる。勢いよく飛び出るのは最初だけだ。しゃがんだ

女の股間はナマあたたかい汁が垂れている。もし最初からクパァをしていたとしても尿は垂れる。性器の構造上、それは当

然のことだ。クパァをして尿を出す女はいないのだろう。でもまんこを広げるということは女の神秘を広げることにほかならな

い。閉じていた陰唇を開く。ただの穴ではなく、幾重にも重なった秘肉が見える。尿の小さな孔も見える。池の鯉にも似た、小

さく口をパクパクさせているまんこをそこに見ることが出来る。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

パンつまを舐めたくなるのは変態だろうか

labyrinth
 住宅展示場で和室を案内してもらう時、販売会社の女性社員はヒールを脱いで畳に上がる。説明など聞かず、裸同然の

パンつまだけを見てしまう。それが三日月であれオールヌードであれナチュであれつま先を口に含んで舐めまわしたい衝動

に駆られる。極薄のナイロンに包まれた足指はなぜあんなに欲情を誘うのだろう。それを舐めたいと思うのは変態だろうか。

それを思いとどまらせるために案内嬢の顔に目を移す。好みの顔立ちでなくとも舐めたくなるのは変態だからだろうか。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

食いこませて淫汁を下着に染み込ませる

labyrinth
 下着がまんこに密着していなければ淫汁がシミを作ることはない。下着の上からオナらない限り濡れているかどうかを外か

ら認識することは難しい。だが、濡れ始めたまんこは、ちんぽよりも長く燃え続ける。熱くなったまんこは鎮静化することなく、

ちんぽを求め続ける。言葉が少なくなった女、あるいは饒舌になった女に「どうしたの?」と意地悪く訪ねる。女がはっきりと

「ちんぽがほしい」と言うまでお預けをくらわす。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

M字開脚のエロスは普段見せない秘部を見せつける

labyrinth
 女はヒザを閉じている。電車に乗っても、OLがイスに掛けていても、常にスキを見せず閉じている。それが正常位で交尾す

る時はだらしなく脚を広げる。まるでカエルが脚を開くようだ。そしてその普段とのギャップに興奮する。この瞬間のために女

は普段脚を閉じているのかと思えるほどだ。閉じている女の脚をなんとか開かせてみたいと男は思う。女が脚を閉じているの

は男を誘いこむエサなのかもしれない。日常のシーンでヒザの緩い女を見てもだらしないとしか思えないのはそのせいだろう。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

バックからの交尾は女のアナルがまる見えになる

labyrinth
 正常位を好む女、バックが好きな女、大別するとその二つの体位に分かれるが、バックからの交尾は女のアナルがまる見

えになる分、制服欲が満たされると言える。尻を高く突き上げるようにして、腰を逸らせるような姿勢はいきり勃たつちんぽを

まんこの奥深くに迎え入れるような形に思える。後ろから女の尻を掴み、時におっぱいに手を伸ばして強く乳を揉む。アナル

に唾をつけて指をさしこんでも女は逃げられない。アナルをほぐし、そこの良さを教えるのに最適な体位であると言える。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

初めての直穿き

labyrinth
 カノジョやセフレに会う前日、ノーパンでパンスト直穿きで来るよう命令する。絶句しながらも、男の「わかったね」の言葉に

したがう。スカートまたはパンツを穿いているのだから外から直穿きであることを知られもしない。それなのに意識の中では

自分がはしたない格好をしていることをわかっている。知らずしらず足取りは早くなり、まんこはぬるぬるになっている。待ち

合せ場所に着いた女の反応は2酒類に分かれる。饒舌になるか無口になって俯(うつむ)くかのどちらかである。共通してい

るのはどちらのまんこもベトベトに濡れて、クロッチに染みをつくり、淫汁は太腿を伝って落ちそうになっていることだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。