FC2ブログ

ちょっとした油断

labyrinth
 たとえばオフィスの机の下で、普段はきっちり閉じている二つのヒザがふとゆるんでしまうということがOLたちにあるのだろ

うか。男の視線が届かないところでは女もつい気を許してしまうのだろうか。オフィスならば落としたメモや文房具を拾うつも

りで姿勢と視線を下げた時に、反対側にすわるOLのゆるんだヒザが創り出す偶然のエロスに感動できるかもしれない。
labyrinth
 街中でも偶然はある。ベンチに腰をおろした女性がスマホに夢中になってヒザがおろそかになっていた。秋の景色を撮って

いたらベンチの女性が画角に入っていた。ふくらはぎがベンチの隅に押し付けられていたせいでふっくらとしたシルエットにな

っていた。この女性が歩いている姿はきれいな美脚だと容易に想像できた。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

美脚ヤンママ

labyrinth
 乳幼児を乗せたベビーカーを押すヤンママは微笑ましい。女ではなく母なのだが、瑞々しい華やかさに女が薫る。ひときわ

映える美脚が母ではなく女であることを主張しているようにも見える。母を主張しているのはハイヒールではなくローヒールの

靴を履いていることぐらいだろうか。そしてこの美脚女性と結婚した男はつくづく幸せだと思った。
labyrinth
 妊娠線はお腹に刻まれたのだろうか。まったく妊娠線が残らない人も多くはないが存在する。そして経産婦は例外なく皮膚の

感度が鋭敏になる。全身がまんこになったかのように、わずかな刺激にも感じる体になる。指先が肌をなぞるだけで、全身に

快感の電気が流れてゆくような感覚に貫かれてしまう。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

JKのカバコ

labyrinth

 JKになればストを穿くのがJKの証明であるかのような時代があった。ストを穿くことが大人への登竜門であるかのように。

JCちとJKでは子供と大人ほどの差があると見せつけるかのようにJKになるとストを穿いて差別化していたようだった。だが

今のJKはナチュストや極薄黒ストを「エロスト」と区分して、いやらしいファッションと見なしているかのような目をする。カバコ

すら珍しい時代になって、冬の入り口だけナチュストと黒ソックスのカバコに遭遇した。大人への途上にあるJKの足はさぞかし

青く濃い匂いをただよわせているのだろう。大人と子供の中間の艶めかしい匂いを嗅いでみたいと思った。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

ドクターX

labyrinth
 TVドラマ・ドクターXは米倉涼子の形のいい脚に視線が集中してしまう。白衣+美脚の組み合わせは男心を刺激する。ただ、

なぜ素足(ナマ脚)なのか、そこが残念だ。あの脚がナチュラルベージュのストに包まれていたら、もっと視聴率は高くなるだろ

う。もったいないと思う。営業マンはなぜGUNZEやFUKUSUKE、SABRINAなどにアタックしなかったのだろう。
labyrinth
 スト美脚がドラマで輝き、コマーシャルタイムではATUGIのストが穿くことで大人の色香を身につけることが感嘆に出来ると

いうことをアピールしたなら売り上げアップに貢献しただろうと思うと残念でならない。せっかくの人気ドラマ、美脚女優を起用

した意図をさらに強調することをもっと活用してもいいのではないか。そう思えてならないドラマだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

足裏と年齢

labyrinth
 二十歳(はたち)の女と熟女では足裏に出るシワの数があきらかに違う。隠しようのない現実がそこにあらわれる。若い女は

顔にシワがないのと同様に足裏もきめ細かくきれいだ。熟女は皮膚に張りがなくなるのだろうか。足裏のシワも深くなってくる。

どちらを好むかは人それぞれだ。足裏を舐められる快楽を知らない若い女のものが好きか、熟女が好きか、優劣ではない。
labyrinth
 ただ、手入れをおこたっている、カサカサのかかとだけは年齢を問わず受け容れがたい。女の肌はすべすべであってほし

い。かかとだからケアを手抜きする女の性格がルーズに思えてならない。逆に言えばかかとや足裏をきれいにしている女は

ほかのパーツにも気を使っているに違いないと思える。まんこから異臭がすることもないだろ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR