FC2ブログ

ストは脚のアンチエイジング

labyrinth
 食べても吸収されないコラーゲン摂取やフェイスリフトなどには熱心な女性が多いのに、最も簡単に出来る脚へのアンチ・エ

イジングであるパンスト着用をおろそかにするのが不思議でならない。半透明のパンストは毛孔を目立たなくするだけでなく、

光を乱反射することで脚に輝きをもたらしてくれる。穿くだけで美脚に華やかさを加えてくれるアイテムだ。
labyrinth
 ナマ脚が許されるのはJKまでだと思っている。その年齢までがスッピンで外を歩ける限界だからでもある。卒業し大人に近

くなるほどに装いもJKを卒業して淑女の仲間入りをしなくてはならないと思う。ナチュラルベージュからライトブラウン、さらに

サンタンブラウン、ダークブラウン、黒など脚を飾るバリエーションを多くそろえたパンストで女性度を高めてほしい。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

干してあるシワシワのストにもロマンがある

labyrinth
 洗濯機に無造作に放りこまれた、汗とニオイの凝縮したパンストを見て、周囲を気にしながらそれを手に取り、酸っぱさの残る

パンつまを嗅いでしびれるような感覚が脳内に広がったことがある。クロッチからは特別な臭気は漂ってこなかったが、それでも

そこがまんこにフィットしていたのだと思うだけで興奮が全身、特にちんぽに集中して先走り汁を漏らしたことさえある。
labyrinth
 その強烈な印象には及ばないが、洗って干してあるシワシワのパンストにも言いようのない欲情をおぼえてしまう。風にそよ

ぎ、汗のニオイもヒールのニオイも消え去っているのに、そのパンつまとクロッチに顔を寄せてしまいたくなる。そのストを手に

かぶせオナったらどんなに気持ちいいだろうと夢想する。フェチたちは干してあるパンストを見て想像力をたくましくするのだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

黒ストは娼婦のイメージなのだろうか

labyrinth
 かつてJKのパンスト着用率は100%に近かった。真夏は穿かないにしても、春、秋はナチュスト、冬には黒ストが定番だった。

タイツを穿きたい厳しい冬も、薄いナイロンで出来たパンストを穿いていたのはJKの心意気があったからだと思っている。今は

jKのパンスト着用率が壊滅的に減った。そして一般的にも黒ストを穿いている女性が極端に少なくなってきたと思う。
labyrinth
 JKの多くが黒ストを穿いていた頃、黒ストはポピュラーなカラーと認識されていたように思う。それが目に触れなくなってくると

黒は特殊なイメージを持つようになった。ステレオタイプのイメージにすぎないのだが、娼婦たちは脱ぐ手間を省くためにガー

ストを穿いていた。その多くが映画やドラマでは黒だった。それで黒ストは卑猥というイメージになったのではないだろうか。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

マチはくり抜くためにあるのだろう

labyrinth
 パンストのクロッチ部分にマチをつけたのは女性のアイデアだと思う。「浮き」をなくして動きやすくする工夫だ。しかしすぐ、そ

こはくり抜かれる場所に変わった。くり抜くことでまんこもアナルナイロンの密着から逃れることが出来た。そしてなによりストを

穿いたままの前戯と交尾を可能にした。シームに挟まれているから伝線することもない。経済性と性欲を同時に満たすのだ。
labyrinth
 そしてくり抜いてしまえば夏でも蒸れを押さえることが出来る。サスストほど露出部分が大きいわけでもない。マチ程度の広さ

をくり抜くだけなら淫乱でもないと女に思わせることが出来る。性に対するハードルを下げると同時に言い訳を用意してやれば

女は素直に従う。スカートを穿いてしまえば内側は見えない、だから誰にも気づかれない。直穿きビギナーも納得するだろう。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

三日月には淫力がひそんでいる

labyrinth
 穿いているのかどうかわからないナチュラルベージュのつま先ヌードパンストもフェチにはたまらない魅力がある。でも三日月

=つま先補強のついたパンストにも激しく興奮してしまうのもフェチである。どちらがメジャーでどちらがマイナーというものでは

ない。それぞれの価値観を認め合い、ストを穿いた脚の魅力を堪能するのがパンスト美脚フェチのたしなみであり楽しみなのだ。
labyrinth
 オープントゥのヒールから覗く、色のすこし濃くなった補強部分を見るとトクをした気持ちになる。それはランガードを覗き見

た時の驚きと感激にも似た感情なのだと思う。「これがパンストなのよ」と意識している女はいないだろうが、その三日月とつま

先シームの妖しさはフェチを誘惑・刺激してやまない。ニオイが拡散してしまう前に顔を寄せて深呼吸したくなるパーツだ。

テーマ : 脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

deliciousleg

Author:deliciousleg
パンストを穿いた脚にしか
興奮しない真正美脚フェチ。

薄いナイロンに包まれた
女性の脚をこよなく愛する変態。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR